皆さん、こんにちは。
東京八重洲キュア矯正歯科です。
今回は、『ブラックトライアングル』についてまとめてみました😊

ブラックトライアングルとは?

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間の黒い(ブラック)三角形(トライアングル)の隙間のことをいいます。
ブラックトライアングル

ブラックトライアングルができる主な原因

ブラックトライアングルができる主な原因は以下の5つです。

  1. 加齢
  2. 歯周炎
  3. 歯ブラシ・歯間ブラシ
  4. 歯列矯正
  5. 歯の形態

1.加齢

加齢と共に歯槽骨(歯を支える骨)や歯肉の細胞の活性は低下します。骨の高さは低くなっていき、それと共に歯肉も退縮して(下がって)ブラックトライアングルが現れます。

2.歯周炎

歯周炎で歯槽骨が吸収(破壊)されてしまうと、骨の高さが低くなってしまい、その上にある歯肉の位置も下がります。
また、歯周炎が治療により改善して、腫れていた歯肉が引き締まることで現れる場合もあります。

3.歯ブラシ・歯間ブラシ

硬い歯ブラシを使ったり、力を入れ過ぎたり、歯間ブラシのサイズや挿入角度などを間違ったまま使い続けていると、歯肉が退縮しブラックトライアングルが現れることがあります。

4.歯列矯正

歯列矯正でブラックトライアングルが現れる理由で多いのは‥‥
・歯並びが良くなって歯磨きしやすくなると、腫れていた歯肉が引き締まるから
・重なったり捻じれていた歯が綺麗に並んでいく過程で、歯と歯の間の歯肉が引き伸ばされて、歯肉の高さが低くなるから
・歯が重なって生えている部分の下には十分な歯槽骨が無いことが多く、歯が並んだ後で歯肉退縮が起こることがあるから

ブラックトライアングル

5.歯の形態

歯が□より▽に近い形をしている程、ブラックトライアングルが現れやすいです。

主な改善方法

ブラックトライアングルの主な改善方法を3つご紹介致します。

  1. IPR
  2. ダイレクトボンディング
  3. ヒアルロン酸注入

1.IPR

IPRはInterproximal (Enamel) Reduction(隣接面エナメル質の削合)の略で、ストリッピング、ディスキングとも呼ばれます。
IPR
歯の先端側の横の面(接触点)をバーで少し削ったりヤスリをかけたりして歯の形を□に近い形に整えます。それによりできたスペースを埋める方向に歯を移動させることで、ブラックトライアングルを小さくします。
ブラックトライアングル

※削る量には限界があります。

2.ダイレクトボンディング

歯の色に近い色の歯科用プラスチックをブラックトライアングルを埋めるように詰めます。
※脱離することがあります。

3.ヒアルロン酸注入

歯肉にヒアルロン酸を注入します。
半年ほど効果が持続します。※個人差があります。

ブラックトライアングルは病気?

基本的にブラックトライアングル自体は病気ではないため、放っておいても大きな問題を引き起こすわけではありませんが、審美性(見た目)や、清掃性、発音に影響を与えることがあります。特に上の前歯にブラックトライアングルが現れた場合は、患者様が
「見た目が気になる。」
ということで、当院ではIPRを行うことが多いです。もちろん歯の健康や寿命に問題のない範囲で行います。

ブラックトライアングルは改善できる場合がありますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください😊