こんにちは。

 

東京八重洲キュア矯正歯科です。

 

今回はインビザライン矯正についてお話します。

 

 

 

インビザラインとはワイヤーを使った従来の矯正方法とは異なりマウスピース(アライナー)を装着して歯列を整えていく矯正方法です。

マウスピース矯正にはいくつか種類も種類があります。

素材や装着時間の違いもありますがインビザラインと他のマウスピース矯正には大きな違いがあります。

それは、最初に目標とする歯並びを決定し、それに必要な最小限の動きを数百万のデータを基に治療計画として作り上げ、

3Dシュミレーションソフトで確認しながら調整し、各ステージに必要なマウスピースを作製作製できることです。

ですからインビザライン治療は無駄のない矯正治療ができるのです。

 

インビザラインの特徴

痛くない

インビザラインのマウスピースは、歯が動く時の痛みを感じにくいように設計されています。

また表面はツルツルとした触感でお口の中の粘膜を傷つけたり、口内炎が出来たりすることもありませんので従来のワイヤーとは大きく異なります。

目立たない

インビザラインのマウスピースは0.5mmという薄さの透明な医療用プラスチックでできています。

ですから装着していても周りの人に気づかれることはほとんどありません。

接客業やモデルの方、人前で話す職業の方にとても人気の治療方法です。

取り外せる

インビザラインのマウスピースは取り外しができるので、お食事の際には外していただけます。

矯正治療中も食べたいものを我慢しなくてよいのでストレスがありません。

また、歯磨きも外して行えますので、お口を清潔に保てやすく、虫歯や歯周病のリスクも減らせます。

短期間

インビザラインの矯正システムでは、歯の動きを正確に予測し効率よく歯を動かしていきますので、最短の期間で治療効果が得られます。

また、ご自身で定期的にマウスピースを新しいものに交換して頂きますのでクリニックに通う回数も少ないので忙しい方にもぴったりです。

アタッチメント

インビザライン治療では歯の表面に歯科用の接着剤でアタッチメントと呼ぶ突起を付けます。

歯とほぼ同じ色の樹脂でできているので目立つこともありません。

このアタッチメントを付けることによりマウスピースの確実なフィッティングや歯の動きを助ける働きがあります。

アタッチメントは矯正治療終了外します。

 

 

世界で300万人以上が治療を受けているポピュラーな治療方法です。

ご興味ありましたら是非1度カウンセリングにお越しください。