こんにちは。

東京八重洲キュア矯正歯科です🌟🦷

いつも当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます❕

東京 八重洲 矯正歯科

今回は、大人の矯正治療で気を付けてほしい事のお話しです✍

歯並びが整うことは、見た目も機能面も改善するのですが

気を付けたい事・リスクもあることをご存じでしょうか❔

大人の矯正治療で気を付けたい事…3選

1.歯の根元が短くなる【歯根吸収】

【歯根吸収(しこんきゅうしゅう)】とは、

歯の根元部分である「歯根」という箇所が短くなり、

その結果、抜けやすくなってしまう現象のことを指します😲

通常の矯正治療では、歯根吸収が起こるのはごくわずかなので、

歯に大きな影響を及ぼすことはありません🌸

しかし、矯正の器具で歯に強い力をかけすぎてしまったり、

何度も矯正をやり直すなど、歯への負担を長期間かけていると、

歯根吸収は大きくなり、歯がグラグラしてしまうリスクが高くなってしまいます❕

東京 八重洲 矯正歯科

 

2.歯ぐきが下がる!?【歯肉退縮】

歯の根元を覆っている歯ぐきが下がってしまうことを

【歯肉退縮(しにくたいしゅく)】といいます

歯の根元が表面に出てしまうことで、知覚過敏の原因となります😢

また、歯ぐきが下げる事で、歯周病のリスクを高めてしまいます💥

歯肉退縮が起こる原因には、歯根吸収同様に歯に強い力をかけた場合や、

歯磨きのブラッシング圧が強すぎるという事が、原因によって起きることがあります。

 

3.矯正治療中の痛み

大人の矯正治療が危険と言われる要因には

矯正中の痛みが強く出てしまうという点もあります🤔

東京 八重洲 矯正歯科

子どもの矯正治療は、歯や骨が柔らかく、比較的に動かしやすいため、

矯正治療中に伴う痛みは、大人よりも少ないとされています。

しかし、年齢を重ねるにつれて歯や骨は硬くなっていきます。

そのため、大人の歯は動きにくく、矯正治療中に痛みが強く出てしまう傾向にあるのです❕

大人の歯は動かすのに時間がかかり、矯正治療の期間は、子どもの矯正に比べて長くなるのが一般的です。

ワイヤー矯正をした場合の期間の平均は、約2〜3年かかると言われています。

20歳以降の大人では、3年前後かかることも多くあります😲

 

いかがでしたでしょうか❔

矯正治療をすることによって、かみ合わせ・歯並びの改善は大きなメリットですが

気を付けたい事もあるので、覚えておいて頂ければと思います。

ご一読いただき、ありがとうございます💙