こんにちは、東京八重洲キュア矯正歯科です。

「口元を下げたい」「口ゴボを治したい」と矯正治療を考える方もいらっしゃると思います。

今日は矯正治療と口元の関係についてお話したいと思います。

 

矯正治療で口元は変えられます

矯正治療で上下の前歯を後ろに下げることで、口元を下げることができます。

前歯が前に傾いている場合、歯を後ろに下げると唇も後ろに下がり、結果的に口元が下がります。

また八重歯の方で、唇に歯が当たって口が閉じづらい場合も、

凸凹を治すことで口が閉じられるようになります。

このように歯が原因で口元が出ている場合、

矯正治療を行うことで口元を変えることは可能です。

 

Eラインとは

ところで綺麗な口元とはどのようなことを指すのかご存知ですか?

鼻と顎を結んだ線のことをEラインといいますが、

横から見たときにEラインより上下の唇が内側に入っているのが綺麗な口元となります。

Eラインより唇が前に出ている方は矯正治療を行うことで綺麗な口元を作ることができます。

鼻と顎のバランスによってもEラインは変わってくるため、

上下の顎の骨のバランスによっては矯正治療だけでは治すことができない場合もあります。

 

どうやって治すのか

では矯正治療でどのように治していくのか、お話したいと思います。

矯正治療で口元を治せるのは歯が原因の場合です。

図のように歯が前にでていることでEラインより上下の唇が前に出ている場合、

矯正をすることで口元を下げてEラインの内側に唇を下げることができます。

第一小臼歯という横の歯を抜いてスペースを作り、

前歯を下げていきます。

矯正装置はワイヤーでもマウスピースでも可能ですが、

ワイヤーの方が期間が短くなることが多いです。

(ただし動かし方に個人差があるため一概には言えません)

中には歯が前に出ている原因が骨の位置・大きさによることもあり、

その場合は外科的な手術が必要な場合があります。

他にも唇の厚さや筋肉の影響もあるため、

歯だけの移動でも十分口元を下げることができる方もいれば、そうでない方もいらっしゃいます。

治療をするには、まず原因を考える必要があります。

マスクの今こそ矯正を

今はマスクをしているので矯正を考える方も多いです。

マスクで隠れている間に、一緒に綺麗な口元を目指してみませんか?

当院では無料カウンセリングを行っておりますので、

是非一度ご来院ください!