こんにちは🍀

東京八重洲キュア矯正歯科です☺🎶

外に出るのが億劫になるような、暑さが続いていますね。

ご来院頂く際には、外に出る必要があるので

こまめに水分補給をとり、暑さを乗り切りましょう!!

 

本日のタイトルを見て、どういう事!?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか😲❕

矯正治療では、まだまだ一般的には知られていない

矯正中の歯の変化がたくさんあります。

そのうちの1つが、歯と歯の間に【あえて】隙間を作る

という処置です。

専門用語で【IPR】といいます📕✐

簡単に言うと、「歯と歯の間にヤスリをかける処置」です。

 

IPR

 

もちろん、歯の健康・寿命に問題のない安全な範囲内でです!

IPRの目的は、矯正治療では大きく分けると2つあります。

🌟スペース(隙間)を作ること🌟

🌟歯列の長期安定🌟

それぞれ、説明していきますね👓

 

🌟スペース(隙間)を作ること

叢生(歯がガタガタ)出っ歯・反対咬合(受け口)・開咬などの改善のため、

新たにスペースが必要な場合があります。

この時、一つの手段としてIPRを行うのです!

このIPRは歯の一番硬いエナメル質の一部を削っています。

もちろん、歯の健康・寿命に問題ない範囲内です。

むし歯になりやすくなるということもありません。

 

🌟歯列の長期安定

矯正治療後、歯列は長期安定することが望ましいです!

歯列が長期安定することを目的とし、戦略的にIPRを行うこともありますφ(..)

これは歯の形態が、歯列の長期安定に関係しているということです✨

 

矯正治療プランにしばしば組み込まれるIPR。

(※すべての症例に行うわけではありません。)

 

ヤスリがけというと「怖い」「痛い」というイメージをもたれやすい処置ですが、

IPRは簡便で痛くも痒くもないのが実際のところです。

(振動はありますよ( ..)φ)

必要な場合に必要な量のみ行います🌼🌼

 

IPRを適切に適用すれば、皆様の歯並びをよりよく整えることができます✨

 

いかがでしょうか?

このブログによって、皆様が安心してIPRを受けていただける

手助けになればと思います☺♥

その他もご不安や不明点があれば、初回のカウンセリングの際にお話しください。

ご来院お待ちしております🦷