こんにちは!

東京八重洲キュア矯正歯科です。

カウンセリングでお話をしていると、

「歯を抜かないと矯正できないと言われて、怖くて治療開始できなかった」

「健康な歯を抜くのが心配」

「1回に何本歯を抜くのか」

など抜歯に関する不安も多く聞きます。

今日は矯正治療での抜歯についてお話します。

抜歯は痛い?

矯正治療で抜歯となると多くは第一小臼歯と呼ばれる、前から4番目の歯を抜歯することが多いです。

抜歯をするときには麻酔を使用するため、処置中は痛みを感じることはほとんどありません。

また歯が見えている状態で抜歯をするので、想像しているよりもスポーンと抜けます。

処置後は痛み止めと抗生剤の薬をお出ししますので、それを飲めば痛みもほぼありません。

通常であれば歯は2本ずつ抜きます。

例えば上下左右4本の抜歯が必要な場合、上2本と下2本で2回に分けて行います。

親知らずの抜歯は痛い?

一般的に、親知らずを抜くと、抜いた後も痛みがあり、腫れて口もあかなくなるというイメージが強いかと思います。

親知らずの抜歯が痛いのは歯茎の中に埋まっている場合、歯茎や周りの骨まで触らなければならないため、

このようなときは処置後も痛みも強く、腫れが出てしまいます。

もちろん矯正治療でも親知らずの抜歯も必要となることもありますが、

小臼歯の抜歯に関しては皆さんが思っているよりも痛みはありませんのでご安心ください!

何で歯を抜くのか?

矯正治療では歯を並べるスペースが足りないため抜歯が必要となります。

むし歯でもない健康な歯を抜くことに抵抗のある方もある方が多いと思いますが、

歯並びが凸凹のままの方が歯にとってはダメージになります。

歯を抜いて矯正治療をする方が絶対にメリットが多いです!

最後に

私も矯正治療をしており、親知らずと第一小臼歯を合わせて8本抜きました。

歯を抜いた後に痛みが心配だったので、すぐに痛み止めを飲みましたが、

それ以降は1回ほどしか飲まずにほとんど痛み無く過ごせました。

痛みの程度は個人差はあるかと思いますが、皆様の参考になれば嬉しいです!

矯正治療を始める前は不安なことが多いと思いますが、

当院では無料カウンセリングを行っておりますのでどんなことでもご相談ください。