こんにちは!

東京八重洲キュア矯正歯科です!

今回は歯科矯正用アンカースクリューについてお話させていただきます。

アンカースクリューってどんなもの?

アンカースクリューって痛いの?

アンカースクリューって見た目が怖い!

アンカースクリューっていくらかかるの?

など分からないことだらけだと思います。

カウンセリング時でもよく聞かれることですので

今回はじっくりお話させていただきます!

 

アンカースクリューってどんな装置?

アンカースクリューとは直径1~2㎜、長さ6~10㎜程度のチタン合金からなる

歯科矯正専用のネジのことを言います。

歯科矯正用アンカースクリューを使用することによって大臼歯の後方への移動や圧下など

今まで難しいとされていた治療も可能になりました。

 

アンカースクリューのメリット

★臼歯部を固定させることができる!

出っ歯を治すために前歯を後方にさげるときに、

通常は前歯と臼歯にゴムをかけて引っ張り合うことになります。

そうなると臼歯が前方に動いてしまう可能性があります。

アンカースクリューを使用することによって臼歯を固定し、

前歯を効率よく後方へ動かすことができます。

 

 

★大臼歯の移動も行うことができる!

今まで難しいとされていた大臼歯の圧下や後方への移動を行うことができます。

アンカースクリューを使用することによって困難な移動方向への対応ができます。

 

 

アンカースクリューのデメリット

★脱落することがある

アンカースクリューの埋入は習熟した術者であっても成功率は80パーセントと言われています。

インプラントと違いいずれ除去しなければいけない装置になりますので

骨との化学的な結合がされません。

脱落した際は再埋入を行うことがあります。

脱落した部分の骨の穴は小さいので閉じますが数ヶ月かかります。

そのため再埋入時は違う部分への埋入となることがあります。

 

 

★歯根を傷つけることがある

アンカースクリューの埋入は基本的には口蓋部が多いですが、

場合によっては歯の根と根の間に埋入することもあります。

その場合は埋入時に歯根を傷つけてします可能性があります。

 

 

 

アンカースクリューのメリット・デメリットについてお話させていただきました。

アンカースクリュー埋入時はしっかり麻酔をしますので

お痛みはありません!

 

矯正が終了してブラケットを外すタイミングでアンカースクリューも除去します。

除去後、小さな穴があいていますが数ヶ月で自然にふさがりますのでご安心ください!

 

 

当院無料カウンセリングを実施しておりますので、

少しでも矯正に興味のある方は一度ご来院ください!

スタッフ一同お待ちしております(^^♪