こんにちは。

 

東京八重洲キュア矯正歯科です。

 

今日はよく聞かれれる、矯正治療中冷たいものが染みる知覚過敏についてお話します。

 

 

知覚過敏とは

知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みで、

特にむし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などの病変がない場合にみられる症状を言います。

 

原因

矯正治療中は歯が少しずつ動くことにより、歯肉も一緒に動いて退縮することによって、

象牙質という歯質の一部が露出することにより痛みを感じます。

また、歯を強い圧で磨きすぎることによって歯の最表層の組織であるエナメル質が薄くなり、象牙質が露出し痛みを感じることもあります。

象牙質という組織は露出することにより外部からの刺激が伝わり痛みを生じます。

 

対処法

歯が染みると感じた時は当院で染み止めのお薬を塗ることもできます。

または、市販の知覚過敏用歯磨き剤などを用いて頂いてもかまいません。

しかし、矯正治療中におこる知覚過敏は一時的なものが多いため少し様子を見る経過観察を行う事があります。

歯は唾液に含まれる成分により再石灰化するので、歯の表面が再生することで痛みが治まることもあります。

冷たい食べ物やのみもの、温かい食べ物や飲み物、酸っぱいもの、甘いもの、冷たい空気などで染みてしまう事があるので

しっかり歯磨きをしたり、お口の中を清潔に保つことは重要です。

 

再石灰化とは、、、

 

再石灰化とは、お口の中で常に起きている現象です。歯を脱灰から守る唾液の自然治癒のメカニズムです。

食後しばらくすると酸性に傾いたお口の中は、唾液の持つ中和する働きによって徐々にpHが元に戻ります。

その時唾液の中のリンやカルシウムが、歯の表面のエナメル質に戻ることを「再石灰化」と言います。

食事をするたびに、お口の中では「脱灰」と「再石灰化」が行われます。この2つのバランスが保たれていればむし歯にはなりません。

バランスが崩れて、脱灰に傾くことがむし歯の進行となるのです。

再石灰化を促進するためには、歯垢をブラッシングなどできれいに落とすこと、唾液が充分に歯の表面に接触するようにしておくこと、またフッ素や薬用ハイドロキシアパタイトを配合した歯みがき剤を使用することなどは大切です。

 

 

 

当院、無料カウンセリングを実施しておりますので、矯正治療にご興味ありましたら是非一度お越しください!