皆さんこんにちは!

東京八重洲キュア矯正歯科です。

 

本日は皆さん不安に感じる要素のひとつである

矯正装置のお手入れについてお話させていただきます。

 

 

矯正装置のお手入れって難しいの?

まず矯正装置と聞くと皆さんワイヤー矯正を思い浮かべると思います。

確かにマウスピース矯正に比べるとワイヤー矯正のお手入れの方が多少時間をかけて磨く必要があります。

そこで、ワイヤー矯正・マウスピース矯正、それぞれの磨き方をお伝えさせていただきたいと思います。

 

ワイヤー矯正のお手入れについて

 

ワイヤー矯正は表側矯正・裏側矯正・ハーフリンガル矯正(上下どちらかが裏側)があります。

基本的にワイヤー矯正であれば磨き方・使う道具は一緒です。

矯正装置の周りは凸凹しているので食べかすやプラーク、歯石が特に付着しやすい状態です。

そこで使用していただきたい歯ブラシがワンタフトブラシです!

ワンタフトブラシとは普通の歯ブラシでは磨ききれない歯の凸凹した部分、孤立歯などを効果的に磨くための専用の道具です。

さらに毛先の部分が山形にカットされた形状になっているのでより細かい部分を磨くことができ、

細い毛束のために凸凹の部分に確実にフィットさせ、しっかりと磨くことができます。

当院でワイヤー矯正をされている方のほとんどがワンタフトブラシを使用しています!

 

マウスピース矯正のお手入れについて

 

マウスピース矯正は取り外し可能な矯正です。

ですので、マウスピース矯正のお手入れ方法としては矯正を行う前とほとんど変わりません。

ワイヤー矯正と違ってフロス、歯間ブラシも使用することができます。

ただひとつ違うこととしてはマウスピースの洗浄が必要になってきます。

マウスピース矯正は1日20時間使用していただくものになるので

実際プラークや目に見えない菌が付着していることもあります。

ご自身の歯を磨く時に流水下でマウスピースも洗浄が必要です。

歯ブラシを使い、歯の溝の部分をこすり洗いすることをおすすめします。

目に見えない汚れに関してはリテーナー洗浄剤を使用することによって綺麗になります!

 

 

矯正中は歯磨きが大変・・・と思う方は多いと思います。

当院にカウンセリングに来られる方も矯正中の虫歯や歯周病のリスクについて

不安に思っている方が多いように感じます。

 

当院で矯正を始める方には最初に矯正装置のお手入れについて

しっかり説明させていただいております。

矯正装置の周りにプラークや歯石がつくことによって

歯の動きの妨げにもなります。

今回はご自身でのケアについてお話させていただきましたが、

歯科医院での定期的なクリーニングも必要になってきます。

 

当院でも矯正中のクリーニングを行っているので

自分で磨けているか心配な方は是非お声掛けください!

 

無料カウンセリングも随時行っておりますので、矯正を考え中の方は

是非一度ご相談下さい!