メニュー

舌側矯正 + マウスピース型矯正コンビネーション治療Combination Plan

舌側矯正 + マウスピース型矯正
矯正専門クリニックの提案。

コンビネーション治療

裏側矯正+マウスピース矯正

裏側に装置がつく「舌側矯正」は歯を動かしやすく、さまざまな症状に対応できる矯正方法です。装置が歯の裏側に付くため、治療中の負担も少ない特徴があります。

ただ、患者さまの中には「金属のブラケットはできるだけ早く外したい」、「マウスピースタイプの矯正装置がいい」という方もいらっしゃいます。

東京八重洲キュア矯正歯科では、矯正専門クリニックとして、より患者さんに快適な治療を提供するために、「舌側矯正」と「マウスピース型矯正」の良いところを合わせた「コンビネーション治療」をご提供しております。

コンビネーション治療の特徴

裏側矯正+マウスピース矯正

ふたつの矯正方法を組み合わせ
期間を短縮し、患者さまの負担を減らします

コンビネーション矯正の特徴は、舌側矯正の良い所とマウスピース型矯正の良い所を組み合わせ、デメリットを補い合う点にあります。

そうすることで、1つの矯正方法で行なった時よりも治療期間を短縮させる、患者さまの負担を軽減する、といったメリットがあります。

コンビネーション治療の進め方

コンビネーション矯正の進め方

舌側矯正からマウスピース型矯正へ

治療の前半はさまざまな症状に対応できる「舌側矯正」ならではの歯の動かしやすさを活かして、いち早く理想的な歯並びへと治療を進めます。その後、おおよそ治療プログラムの2/3程度、期間にすると半年〜1年程度で「マウスピース型矯正」に治療を切り替えます。

重度のでこぼこやかみ合わせを改善する、歯列を後退させる、抜歯スペースを閉じるといった大きな動きが必要な部分をワイヤー矯正である舌側矯正を用いて行い抜歯スペースを整え、歯列の整列や調整をマウスピース型矯正で行なっていくイメージです。

マウスピースの良いところも治療に取り入れて

治療の調整を「マウスピース型矯正」に切り替えて行うことで、通院頻度を減らせることに加え、食事の際・歯磨きの際などに取り外せる「利便性」や透明で目立ちにくい「審美性」といったマウスピース型矯正の良いところも治療の後半で体感いただけます。

他の矯正歯科の中では、「コンビネーション矯正」という名称を「上の歯が舌側矯正・下の歯が表側矯正」といった組み合わせで行う矯正治療に使用している所もありますが、東京八重洲キュア矯正歯科では、これを「ハーフリンガル」と呼んでいます。東京八重洲キュア矯正歯科のコンビネーション矯正とは、上記で述べているように、期間によって舌側矯正とマウスピース型矯正を使い分ける矯正方法です。

どうして舌側矯正とマウスピース型矯正を
組み合わせるの?

「舌側矯正」は歯の裏側に矯正装置を装着するので、もともと「見た目」に関するストレスが少ない治療方法です。ブラケットもごく小さいものを使用していますが、金属の装置に違和感をもつ患者さんがいらっしゃるのもやはり事実です。

東京八重洲キュア矯正歯科のコンビネーション治療は舌側矯正の利点とマウスピース型矯正の利点を組み合わせ、両者のデメリットを補い合う治療として患者さまに提供しています。

舌側矯正のメリットとデメリット

舌側矯正のメリット
  1. 歯を動かしやすい
  2. 様々な症状に対応できる
  3. 3次元的な歯の動きが可能
舌側矯正のデメリット
  1. ブラケットの脱離や、口内炎などの可能性がある
  2. 食事の時物がはさまり、慣れるまでは歯のお手入れが難しい
  3. 装置を装着してしばらくは発音などに違和感がある

マウスピース型矯正のメリットとデメリット

マウスピース型矯正のメリット
  1. 透明でつけていても目立たない
  2. 通院頻度が少ない(数ヶ月に1回)
  3. 取り外せるので食事や歯みがきの際に支障がでない
  4. 装着時の違和感が少ない
マウスピース型矯正のデメリット
  1. 歯の動く治療スピードがゆるやか
  2. なかには対応できない症状がある
  3. 歯を動かせる方向に制限がある

コンビネーション治療をおすすめする方

コンビネーション矯正をおすすめする方

少し難しい症状でも矯正治療をできるだけ早く終わらせたい方や、治療期間の途中・後半に大切なイベントを控えている方など、患者さまのご希望に沿う治療がコンビネーション治療です。

  1. 矯正治療は早く終わらせたいが、できればマウスピース型矯正がいい
  2. 難しめの症状でワイヤー矯正を勧められているが、ワイヤー装置を付けている期間を極力短くしたい
  3. 矯正期間の途中で留学・受験・結婚式などを控えており、そこまでにワイヤー矯正は終わらせたい

デジタル設備・グループ内技巧だからできる
きめ細やかな治療プログラム

グループ内技工イメージ

「コンビネーション治療」は東京八重洲キュア矯正歯科の特徴であるグループ内技工を活かした治療法です。東京八重洲キュア矯正歯科は近くにクリニック専用の歯科技工所を持ち、院内に歯科技工士が在院することもあります。そのため、ドクターの判断で患者さんの状況に合わせた臨機応変な治療方法を選択することが可能です。

また、東京八重洲キュア矯正歯科では、舌側矯正もマウスピース型矯正も精密検査時に口腔内3Dスキャナにてデジタルでの印象(型取り)を行い、そちらと精密検査のデータを元に、装置の設計・治療計画を行なっていきます。

舌側矯正とマウスピース型矯正の使い分けを行なっても、治療計画は一貫したものですし、担当するドクターはどちらの治療方法も日常的に行なっておりますので、患者さまのご不安やご希望にもきめ細やかに対応いたします。

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

※ホワイトニングのご予約は
お電話でのみ受け付けております。

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-118-417

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

※ホワイトニングのお申し込みは
お電話でのみ受け付けております。

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-118-417
閉じる