こんにちは。

東京八重洲キュア矯正歯科です🌟🦷

いつも当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます❕

 

当院にご相談にいらっしゃる患者さま中で、「歯並びが原因で、思い切り笑えない」

というお悩みを、お話しをされる方は少なくありません。

そして、更に気になる点として多く声が挙がるのが、【ガミースマイル】です🤔

ガミースマイルとは、笑った時に上顎の歯ぐきが多く見える状態を示します。

3~4㎜以上、歯ぐきが露出しているとガミースマイルとされています

ただ、ガミースマイルは必ずしも治療が必要なわけではありません。

歯ぐきそのものには機能的な問題はなく、多くは審美的に気になる場合に治療をします。

 

笑顔をコントロールする

笑顔を作るときは、口角を上げる筋肉・上唇を上げる筋肉・唇を閉じる筋肉が働きます。

このときに、上唇を持ち上げる筋肉が過緊張してしまい、

更に唇を閉じる筋肉が弱いと、バランスが上手く保たれず、

歯ぐきがたくさん見えるガミースマイルになってしまいます😲❕

こういった状態の方は、唇を閉じる筋肉と、上唇を引き上げる筋肉を引っ張り合うように働かせて、

バランスよく上唇をコントロールできるよう練習が必要になってきます。

魅力的な笑顔は日々のトレーニングとケアによって、作ることが可能です✨

では、表情筋を鍛えるセルフトレーニングの方法を、次にご紹介いたしますね。

 

表情筋を鍛えるセルフトレーニング

素敵な笑顔を作るには、表情筋をしっかりと動かすことが欠かせません。

表情筋をやわらかくするために、まずは体操を行うことをお勧めします💫

《あいうえお体操》

表情筋をほぐすのにおすすめのトレーニングです。

顔全体を動かすように大きく口を開き、「あ・い・う・え・お」と発音しましょう。

ひとつずつの音を発音しながら、それぞれ5秒程度ずつキープするようにします。

2~3回繰り返すのがおすすめです❕

《割り箸トレーニング》

口角をリフトアップし、自然な笑顔を作るのに効果的なトレーニングです。

1.割り箸を横にして、奥歯を使ってしっかりとくわえる

2.口を「い」の形して口角を限界まで上げ、30秒間キープする

3.10秒間休む

4.1~3を3回程度繰り返しましょう

《口輪筋トレーニング》

ペットボトルを使って行う口輪筋のトレーニングです。

口輪筋を鍛えることで、上の前歯と下唇が平行なスマイルラインを作りやすくなります。

1.500mlのペットボトルに水を100ml入れる

2.唇でペットボトルをくわえる。※このとき、歯は使わない

3.唇でペットボトルを加えたまま10秒間キープする

4.休憩を入れて3回程度繰り返す

口輪筋が弱っていると難しいので、最初のうちは水の量を減らしても大丈夫です🌟

慣れてきたら水の量を増やしたり、ペットボトルを加える時間を増やすのもお勧めです。

《舌エクササイズ》

舌の筋肉を鍛えることができるトレーニングです。

口輪筋とつながっている筋肉なので、鍛えれば口角アップにも繋がります👏

やり方は簡単で、口を閉じた状態で舌をぐるぐると歯茎に沿うように動かすだけです。

右回り、左回りと交互に回してみましょう❕

最初は10回程度、慣れてきたら1日100回程度ぐるぐると回します。

何かをしながら、のついでに出来るのでお勧めです。

 

いかがでしたでしょうか。

写真を撮るときに、自分が良く見える角度でとったり、

鏡をみて自分が一番良くみえる理想の笑顔作りをして、トレーニングを続けてみて下さい🌼

笑顔コントロールでもっと魅力アップした自分になれたら嬉しいですよね。

ガミースマイルに関して、矯正治療で改善させたいという方はお気軽にお問い合わせください。

ご一読いただき、ありがとうございます💛